Money Manage

【FX】長期保有は基本デメリットが超多い!?【具体的なデメリットとこれからのおすすめ投資先も徹底解説】

f:id:moneymanagement:20200828220241j:plain

 

本記事の要約
  • FXで長期保有するデメリット・メリットを徹底解説
  • FXで長期保有はこんな人にオススメ
  • FXで長期保有するより、今の時代は○○です


FXは短期トレードか長期保有か?

昨今、FXがメジャーな投資方法になってきた中でこの疑問は多くのFXトレーダーにとっての悩みの種になってきました。

しかも、短期トレードと長期投資のメリット・デメリットって意外と見分けがつかなかったり、わからなかったりします。

なので、この記事では上記のような疑問をお持ちの方に向けて、長期保有のデメリットから具体的に解説していきたいと思います。

ではさっそく見ていきましょう。

 

FXで短期投資は危険、でも長期保有は安全?

f:id:moneymanagement:20200829153147j:plain

まずは本題に入る前に一般的に言われている上記の疑問から解決していきましょう。

皆さんは「FXでは短期投資は危険で、長期投資は安全」なんてことを聞いたことはありませんか?

確かに株式投資などでも長く持つほうが安全と一般的には言われているのですが、実はFXではそうでもないんです。

その理由としては、長期的に持つことによってのリスクの軽減がないからです。


例えば、株式投資であれば企業の成長や配当などの理由から、長期的に持つことによって徐々にリスクを軽減させていくことが出来ます。

しかし、その一方でFX取引では長期的に持つことによるリスクの軽減というものがありません。

これはFXがゼロサムゲームで、常に利益の取り合いが行われているからなんです。

ゼロサムゲームとは、市場参加者の利益と損失の合計が常に0になることです。つまり、1兆円分の通貨が市場全体で取引されているのであれば、常にこの1兆の取り合いになるというわけです。


つまり、リスクの軽減どころか長い期間の間ヘッジファンドや大口投資会社との利益の取り合いになるので、かえってリスクの増大になってしまうんです。

Check!!

株式は保有することでリスクが下がっていく

FX取引で通貨ペアを長期保有してもあまりリスク軽減にはならないのですが、株式であれば年々の企業の成長や増配などの時間に投資していくことができるので、保有することでリスクは軽減されていきます。

 

 FXで長期保有をするデメリットとは?

f:id:moneymanagement:20200829153123j:plain

ではここから本題に入っていきます。

まず、FXで長期保有するデメリットは以下の4つが挙げられます。

①それなりの資金が必要
②圧倒的に投資効率が悪い
③実効レバレッジが下がる
④すぐに利益が出ることはない


では、見ていきましょう。

 

FXで長期保有するデメリット:①  それなりの資金が必要

f:id:moneymanagement:20200811102935j:plain

長期保有は長い間にわたって通貨を保有し、短期トレードよりも大きな利益を得ることができるのが最大の利点になります。

しかし、ここで必要になってくるのが「それなりの資金」です。
 

なぜ、それなりの資金が必要になるのかというとFX取引には高いボラティリティが伴うからです。

ボラティリティとは、簡単に言うと価格の変動幅のことで、変動幅が高いとボラティリティが高いといい、逆に変動幅が低いとボラティリティが低いといいます。


ドル円やユーロドルのような毎日何百兆円という取引がされている通貨ペアでは、ボラティリティが多少抑えられますが、それでもほんの少しです。

そんなボラティリティが高いFX取引で、しかも長期保有をするとなるとかなりのリスクを取ることになります。

つまり、それなりの資金がないと長期保有するには少なすぎる証拠金維持率しか出せませんし、秒速で損切りorロスカットにかかって口座資金をなくすことになってしまいます。

Check!!

具体的にどのくらいの資金がいるの?

長期保有にはそれなりの資金が必要だと解説しましたが、実際にはこれぐらいの資金が必要になってきます。

◎日本口座(レバ1~25倍)   100万円以上~が妥当
◎海外口座(レバ888倍)  100万円以上~が妥当

正直、これを見てもわかると思いますが、資金がない方にとってはかなり高い金額になります。初心者の方にとってかなり難しいものになることがわかりますね。

 
さらに、FXの長期保有では必然的に投資効率が下がってしまい、思ったより利益が出ないなんてことにもなりえるんです。

 

FXで長期保有するデメリット:②  圧倒的に投資効率が低い

f:id:moneymanagement:20201023211046j:plain

投資効率は、投資・トレードの利益にも直結してきますし、かなり重要視するべき指標でもあります。

そして、FX取引でももちろん超大事な指標になってくるのですが、結果から言うとこの投資効率がFXでは必然的に低くなってしまうんです。

  FX取引で投資効率が低くなってしまう2つの要素

①  配当
③  口座資金

 

①  配当

まず、FXで投資効率が低くなってしまう原因として配当の再投資が難しいということがあげられます。

FXでは年2回配当という形ではなく、通貨の金利差を毎日受け取るスワップ金利という形で利益を得ることが出来ます。(土日はスワップ金利を受け取れません)

毎日受け取ることができるというところからメリットに感じられる方もいらっしゃるでしょうが、実際受け取ってみるとある問題に直面します。

それが、スワップ金利の少なさです。

  配当・スワップ金利の利益率
◎FX(ドル円)  1万通貨(1ロット)につき、約5~8円
株式投資   高配当株に投資すれば、約4~ 7%の利回り


上記の利益率で、100万円ずつ投資したとします。
このときにより多くの利益が見込めるのはどちらなのでしょうか?、見てみましょう。

例えば、FXで10ロット保有、株式を4%で運用したとすると・・・

◎FXのスワップ金利/年  (10×8)×約260日=約2万円
◎株式の年間配当/年   100万円×4%=4万円


こう見ると株式のほうがFXよりも年間配当額が2倍あることがわかりますし、さらに、株式は投資先によってはさらなる配当金が見込めます。

つまり、FXで長期保有することは他の投資先と比べても少々配当の再投資が難しいといえるんです。

 

②  口座資金

再投資が難しいことを解説していきましたが、他にも投資効率が悪い要因として口座資金を動かせないということがあげられます。

FXは株式投資や債権投資とは違って、証拠金維持率を維持できなければロスカットされて強制的にポジションが決済されます。

そのためにFXで長期保有する際は取引量に応じた口座資金を入金して、証拠金維持率を上げなければなりません。

そして、その時口座資金を動かすことが出来ないので、必然的に投資効率が下がってしまうというわけです。

Check!!

一部の海外口座では取引中も資金を引き出せるけど・・・

口座資金を動かせないという話でしたが、一部の海外FX業者では取引の最中でも口座資金を引き出すことが出来ます。ただ、もちろんですが抜いた資金の分の証拠金維持率が低下しますから、取引中に口座資金を抜く時は十分注意しましょう。

 

FXで長期保有するデメリット:③  実行レバレッジが下がる

f:id:moneymanagement:20200812211514j:plain

 ※レバレッジとは、FX取引で口座資金以上の資金を借り入れて取引を行うこと、「てこの原理」

FX取引で長期保有するときに重要視すべきことはたくさんあります。例えば、ロット量や損切り幅・利確幅、そして、レバレッジの高さです。

FXで短期トレードするときは、レバレッジを高く設定しても損切りをかけるので問題ナシなのですが、長期保有レバレッジを高く設定することはとても危険なことなんです。

というのも、長期保有では短期トレードよりも「長く持つ」ことが特徴ですから損切り幅を広く設定する、もしくは損切りを設定しないこともあります。

このときに高いレバレッジをかけて取引すると、ポジションが逆行したときに必要証拠金が足りなくなって秒速で損切りロスカットにかかってしまい、長期保有することができなくなってしまうんです。

ですから、FXで長期保有するときは高レバではなく、低レバを重視して取引していくことが必要になってきます。

 

そして、レバレッジはリスクの話でしたが、長期保有ではすぐに利益が出ないという利益面でのデメリットも存在します。

 

FXで長期保有するデメリット:④  すぐに利益が出ることはない

長期保有する際は、損切りロスカットに気を付けるべきだということは先ほど解説しましたが、これと同様に利益面にも気を配るべきです。

というのも、FXで短期トレードをするなら損切り幅や利確幅を短く設定するので、利益が出やすく、また損失も出やすくなります。

しかし、長期保有するとなると損切り・利確を広く設定し数か月、ながければ数年間保有するので利益がとても出にくくなってしまうんです。(もちろんすぐに利益が出るのなら別なのですが・・・)

しかも、長期にわたって価格が逆行すれば、トレード自体かなり地獄化します。

そして、先ほどの②で解説した投資効率が下がる要因にもなるので、FXで長期保有をする際は数か月~数年持ち続けて、すぐに利益が出ることはないということを覚えておきましょう。

 

FXで長期保有する具体的なメリット

f:id:moneymanagement:20201023211019j:plain


さて、長期保有するデメリットを紹介してきたわけですが、もちろんデメリットだけではありません。ちゃんとメリットも存在します。

  FXで長期保有するメリット
スワップ金利を得ることが出来る
②スプレッドを最小限に抑えることができる
③得る利益が大きくなる 

 

FXで長期保有はデメリットだけじゃない!!:①  スワップ金利を得ることが出来る

f:id:moneymanagement:20200820213223p:plain

FXで長期保有するメリットとして代表的なものが「スワップ金利を得ることが出来る」になります。

FXでスワップ金利を得るぐらいなら株式やETFに投資したほうが効率がいいことは先ほど前述しましたし、確かにデメリットではあるのですが、逆に言うと「確実に配当を得られる」と言い換えることもできます。

というのも、株式やETFは年々の成長や増配を期待できますが、その一方で減配のリスクもあります。

例えば、最近ウェルスファーゴ米銀行がパンデミックの影響から配当を8%から2%へと減配しました。

一方で、通貨ペアを保有することで得られるスワップ金利はポジションを決済しない限り、毎日得られますし、報酬変動の心配もいりません。

さらに、ドル円などの主要通貨ペアを保有していれば、企業に投資する株式投資と違って倒産のリスクもないので、利益が少ないという点に目をつぶれば長期保有するにはかなり適しているともいえるんです。

しかも、長期保有するメリットにはスプレッドが最小限で済むというのもあります。そして、金融取引をする上で手数料が減ることは、ものすごく大きなメリットになるんです。

Check!!

スワップ目的の取引はドル円or南アフリカランド円がオススメ

安定したスワップ金利を得たいのであればドル円を選ぶべきです。理由は非常に安定しており、通貨価値が一気に半分になるようなことがないからです。そして、南アフリカランド円はしっかりした自国産業をもっており、高金利通貨として取引されているのでこちらも割とオススメです。

 

 

FXで長期保有はデメリットだけじゃない!!:②  スプレッドを最小限に抑えることが出来る

f:id:moneymanagement:20200820213143j:plain

※スプレッドとは、1回の取引あたりの実質的な手数料のこと、その手数料はFX業者によって異なりますが、日本口座で最小0.2pips


FXで長期保有を行うと普通のトレードよりもスプレッドを低くすることが出来ます。

というのも、普通のデイトレードであれば、何度も取引するのでその分手数料としてスプレッドが取られますが、長期保有であればよほどすぐに決済しなければ手数料が取られるのは1回ですから、長期保有は手数料に強いトレード方法だといえるんです。

 

FXで長期保有はデメリットだけじゃない!!:得る利益が大きくなる

f:id:moneymanagement:20200829153059j:plain


最後のメリットとして、長期保有は「得る利益が大きくなる」ということを紹介していきたいと思います。

とは言っても、これは非常に簡単な話で、長期保有は短期トレードと違って利益幅を大きく設定します。

もちろんその分損切り幅、ロスカット幅も大きくなるわけですが、利益幅が大きくなることで必然的に出る利益も大きくなるというわけです。

 

結論!!  結局短期トレードと長期保有はどちらが正解?

さて、ここまで長期保有のメリットとデメリットについて解説してきたわけですが、結局FX取引では短期か長期かどちらが正しいのでしょうか?

やはり、結果から言いますがその答えは、人によるです。

というのも、FXトレーダーは短期向きか長期向きかが人によって分かれてくるんです。

  短期トレードがオススメな人

  • テクニカル分析を重きにおいて取引したい人
  • 大きな損失を出したくない人
  • 時間の拘束をされたくない人

  長期保有がオススメな人

このように短期と長期ではかなり特徴に違いがあり、同様に向き不向きにもかなり違いがあります。

なので、まずは上記の特徴のどれに当てはまっているのかを自分なりに検討してみてから、自分がどちらのトレード方法に向いているのかを判断しましょう。

 

 今の時代、長期保有するならFXより株式や金のほうが圧倒的にいい話

f:id:moneymanagement:20200822205337j:plain

※ここからは株式・金・ETFの話です。FXの話はここまでですから、興味がないという方はここでブラウザバックを推奨します。

 

さて、ここまでFXで長期保有するデメリット・メリットからオススメできる人の特徴までを解説してきましたが、ぶっちゃけて言うと今の時代は株式や金を保有するほうが圧倒的に利益が出ます。これは断言できます。

そこで、この記事の〆として筆者がこれから伸びると確信しているオススメの投資先を紹介していきたいと思います。

もちろん「これから紹介する商品を取引しろ!!」というわけでもないので、読むのがめんどくさい方は今すぐにブラウザバックしてもらっても全然OKです。

では、見ていきましょう。

✓  First.ライベント(ティッカーシンボル:LTHM)

f:id:moneymanagement:20201108103311p:plain

   ライベントの基本情報
  • 株価は2020年11月8日時点で13.65ドル
  • 配当は2020年11月8日時点で0ドル
  • リチウムの製造会社(リチウム電池、ポリマー、電気自動車の製造に使われる)
  • 売上高・純利益はコロナウイルスの影響で減少
  • 【PER=16~20倍 PBR=4倍 PSR=5.75倍】
  • バイデン銘柄(この記事を書いているときに大統領選挙バイデン氏勝利確定)


この企業を長期投資としてオススメする理由は、なんといってもこれから世界的なEV化が進んでいくからです。

リチウムはEV化には必須ですし、この企業はリチウムを高速で製造できるというメリットがあり、競合との差別化もできています。

さらに、チャートのテクニカル面では12.50ドルの高値を抜けて、さらに買いの勢いが強まっていくとみることが出来ますし、約3ヶ月の間で巨大なダブルボトムのネックラインも切り上げています。

そして、大統領選挙にバイデン氏が勝利したことがリアルタイムで入ってきました。

これにより2021年1月20日からバイデン氏が大統領になることが決まったわけですが、バイデン氏の政策には温室効果ガスの排出抑制があるので、これからさらにEV化が進んでいくと予想されます。

しかも、株価も13.65ドルなので手が出しやすいですね😊

 

  Second.金・金鉱株

f:id:moneymanagement:20201108144445p:plain

   なぜ、金が上がるのか?
  • 世界的な金融緩和
  • 新興国が大量の金保
  • 点線の強いトレンドラインを抜けた
  • ドル長期金利が下落している


上記の理由から金・金鉱株が上昇する可能性はかなり高いといっていいと思います。

さらに、最近金はドル金利が上昇の兆しを見せていたので若干上げ渋っていましたが、FRB(アメリ連邦準備制度理事会)がさらなる量的緩和(市場にお金をばらまく)ことを示唆したので、これから金は下降から上昇へとトレンド転換する可能性が高いです。

Check!!金に投資するならETFor現物or金鉱株
金に投資するなら金をそのまま買うか、金鉱株を購入することをおすすめします。金投資をしたことがないという方にはETFで買うことをおすすめします。

金鉱株のすゝめ  キンロスゴールド・バリックゴールド
ETFのすゝめ    SPDRゴールドシェア

※もちろんこれに関しても確実に投資しろというわけではないので最終的には自分で分析して決定してください。

 

 

  Third.RWO(全世界不動産ETF)

f:id:moneymanagement:20201108152241p:plain

※RWOとは、世界中のリート(不動産投資信託)や上場している不動産事業会社で構成されるETFのこと
 
  RWOに投資する理由 
  • 世界中のETF・不動産会社に分散されているので、リスクを軽減できる
  • 世界的な金利下げなのにコロナショックから3分の1程度しか回復していない
  • 配当利回りが4.6%とかなり高い


ということで、RWOはかなり割安なうえ配当利回りも十分高い水準にあります。投資するなら今がチャンスかもしれません。

Check!!

RWOは中期投資で行うべき

RWOは長期保有よりも中期的に取引することをおすすめします。具体的に言うと投資期間はFRBが金融緩和を終えるまでの2023年末ぐらいまでを想定しておいたほうがいいでしょう。

 

FXで長期保有するデメリットとは?:まとめ

今回は、FXで長期保有するデメリット・メリットからおすすめの投資先について紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

では、復習してみましょう。

  長期保有するデメリット

  • ①  それなりの資金が必要
  • ②  圧倒的に投資効率が悪い
  • ③  実効レバレッジが下がる
  • ④  すぐに利益が出ることはない

  長期保有するメリット

  • ①  スワップ金利を得ることが出来る
  • ②  スプレッドを最小限に抑えることができる
  • ③  得る利益が大きくなる 

結論:短期と長期は向き不向きがある。検証しつつ、自分で決定すべし!!

さらに、今回はおすすめの投資先も紹介しました。

✓ おすすめ投資先

  • ライベント
  • 金・金鉱株
  • RWO

 


では、今回はこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

  あなたへのオススメ

良ければこちらもどうぞ。

moneymanagement.hatenadiary.jp

moneymanagement.hatenadiary.jp